業界記事

来年度管路布設に着工/下水道真空ステーションの建設

2004-10-30

 稲敷郡東町では、下水道事業で本新地区を対象にした真空ステーションの建設について、日水コンに委託し、整備方法などの検討を進めている。今後、17年度に詳細設計をまとめるとともに、真空管路の布設に着工する考えだ。
 本新地区は、霞ケ浦沿いの地域で、地下水の水位が霞ケ浦と差ほど変わらない。そのため、通常整備される自然型の中継ポンプでは支障があることから、真空式で整備を計画しているもの。
 だが、現在までに建家式のステーションにするか、小型のポンプ場にするかが決まっていないため、検討を進めている。
 今後、16年度末までには整備方法などが決まる予定で、17年度に詳細設計をまとめるとともに、真空管の布設に着工する考えだ。ポンプ場については18年度ごろに建設する見通し。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野