業界記事

山住トンネルは間組が最低価格

2004-10-28

 県大町建設事務所は27日、地方道路交付金(雪寒・防雪)工事の川尻小谷糸魚川線山住トンネルの開札を行った。
 この結果、応札16者のうち最低価格を入札したのは間組で、その価格は7億4000万円(ほか詳細は入札欄参照)。開札時に公表された予定価格は10億753万円、調査基準価格は7億961万133円と設定されている。
 同線は、国道148号との交差点から間もなくのスノーシェッド箇所の幅員が狭く、信号機による交互通行を強いられているのが現状。また、スノーシェッドのコンクリート部分の老朽化も深刻で、近くに迂回路もないためトンネル建設に至った。
 トンネルの起点は国道からL80mの地点で、現道の南側を迂回するようなルート。全長401m、幅員は車道6m、全幅7m。トンネル終点から現道まではL約60m。工期は、着手から18年5月31日を見込んでいる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野