業界記事

土木施設13億、林業施設4億余りに/26日現在台風23号県内被害状況

2004-10-29

 県は26日現在で台風23号に係わる被害状況をとりまとめた。それによると、土木施設が13億2624万3000円、林業施設が4億3883万6000円となった。県では、今年度当初で見込んだ災害復旧費の枠で予算対応が可能としており、できるだけ早期の復旧を図っていく。
 大型で強い台風23号は、20日から21日にかけて、7年ぶり(前回は平成9年)に本県内を通過した。
 19日からの秋雨前線と同台風による雨量は、南部298ミリ、上九一色293ミリ、山中湖334ミリなどで、甲府でも192ミリに達した。このため、人的な被害は軽傷者1人だったが、家屋の倒壊や床上浸水などの被害が発生した。
 建物被害は、半壊2棟2世帯(甲府市、韮崎市)、一部損壊6棟6世帯(富士吉田市ほか2町村)、床上浸水54棟54世帯(甲府市)、床下浸水241棟245世帯(甲府市、笛吹市ほか)。
 土木施設については、道路26箇所、河川41箇所など13億2624万3000円が被災。
 また、林業関係では林道38箇所、林地10箇所、治山施設4箇所の4億3883万6000円の被害を受けた。
 さらに、農業関係では田畑畦畔の崩落等約8・2ha(塩山市ほか14市町村)、花卉ビニールハウス50ha(南アルプス市)、同2ha(笛吹市)等で被災した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野