業界記事

小瀬スタンドなど公募型追加/第3四半期以降は764件に/公共工事発注計画

2004-10-29

 県は28日、今年度公共工事発注計画(第3四半期)を公表した。今月26日現在で計画内容を更新したもので、第3四半期以降の予定箇所は、一般競争8件、公募型指名34件、通常指名718件、随意契約5件など全体で764件となった。主な追加工事は総務部営繕課の県立北病院改修工事と小瀬スポーツ公園陸上競技場の南、北サイドスタンド増設工事の公募型指名3件、土木部所管の遅沢静川線橋梁工事、国道300号富山橋上部工製作(P2~P6)工事の公募型指名2件などとなっている。
 第3四半期以降の発注予定箇所の所管別内訳は、総務部営繕課が64件(一般競争4件、公募型指名22件、通常指名38件)、森林環境部が通常指名で47件、農政部が通常指名で150件、土木部が498件(一般競争4件、公募型指名12件、通常指名478件)、企業局が通常指名5件。
 このうち、新たに予定に追加された主な工事を見ると、営繕課の所管で小瀬スポーツ公園陸上競技場の南、北サイドスタンドの増設工事と、県立北病院改修工事を新たに予定に追加。
 小瀬スポーツ公園陸上競技場増設等工事は、9月補正予算で事業費9億5000万円余を新たに予算化したもの。サッカーJ2のヴァンフォーレ甲府のJ1昇格を視野に、同昇格に必要な条件に含まれる「ホームスタジアムの観客席1万5000席以上」を確保するため、観客席7000席を増設する。
 このうち、今年度はサイドスタンド5000席の増設工事に先行して着手する予定。同スタンドは南側と北側の2本に分けて発注を予定。スタンドの構造はRC造を予定、両サイドとも1400㎡程度の規模で、各2500席を備える予定で、工期は8か月。
 韮崎市旭町の福祉村敷地内の県立北病院改修工事は、既存病棟の4床室の個室化等の改修と、一部増築を計画。改修面積は1650㎡、増築は80㎡を予定する。同事業費には今年度~17年度の継続費で2億6400万円余を計上している。同設計業務は共同建築設計事務所(東京都新宿区三栄町9-9)が担当。
 一方、土木部の所管で新たに追加された遅沢静川線橋梁工事(身延町)は、延長16m、幅員5・5m(7m)の橋梁工事で工期は8か月。また、国道300号富山橋(身延町)では、P2~P6の上部製作工を予定に追加。同橋梁は4径間連続鋼鈑桁橋719tの規模で、工期に9か月を見込む。両工事については、いずれも公募型指名競争入札により来月上旬の公告を予定している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野