業界記事

一部年内工事も/西側16haを先行仮換地

2004-10-29

 野中土地区画整理事業を進めている大利根町は、計画面積約83・6haのうち約16haを先行させ、年内の仮換地指定を目指す。合わせて指定区域内の道路詳細設計を進めていき、一部工事に入る計画。
 仮換地指定は、全体ではなく、地区の西側を予定している。
 また初弾となる道路築造工は、現道を利用して幅員約7mの区画街路を整備。今後の工事用道路として活用していく。
 同事業は、大字北新井、琴寄ほか地内が対象。計画人口は約6900人。総事業費121億4000万円を投入する。
 主な公共施設は、都市計画道路が栗橋大利根加須線(L682m、W16m)、佐間北下新井線(L1135m、W16m)、松永琴寄線(L254m、W16m)、中央線(L608m、W12m)の4路線。
 公園は、近隣公園(1万2500㎡)と街区公園が1~5号までで、総面積は1万9800㎡。調整池は、1号(5000㎡)および2号(1万㎡)の2か所。
 総合基本設計を昭和(さいたま市、電話048-831-4828)が担当した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野