業界記事

復旧用建設資材調達の協力要請も/新潟中越地震/本県対応状況

2004-10-28

 新潟県中越地震による災害発生を受けて、山梨県は26日現在の県各部等の対応状況を明らかにした。今月23日午後5時56分頃に発生した新潟県中越地震およびその後の余震により、同地方を中心に多大な災害が発生。災害対策本部がまとめた26日現在の主な被害状況は死者27人、行方不明者3人、負傷者1299人となっているほか、住宅被害は全壊が395棟、半壊が435棟、一部損壊が3042棟、火災が11棟。この他、崖崩れ、道路・河川の被害等が各地で発生している。
 こうした状況を受けて本県では23日に山梨県警察広域緊急援助隊(警察部隊8人)を新潟県内に派遣。25日には山梨県緊急消防援助隊により、消防庁職員を県消防防災ヘリコプターあかふじで新潟県小千谷市に搬送。援助物資として災害用備蓄物資のうち、飲料水3600リットル、乾パン3200食の支援準備を整え、新潟県に連絡済み。26日には総務部主幹(防災・危機管理)を班長に消防防災、土木、農政、森林環境、福祉保健部等の職員31人を班員とするする「山梨県災害派遣斑」を編成し、26日に新潟県に派遣を申し入れ。新潟県災害対策本部が進める現地市町村のニーズ調査により対応の可否を調整、必要な職種、期間、場所などの連絡を待って、適時派遣する。また、救援活動として山梨県ミネラルウォーター協議会や山梨県トラック協会甲府支部の協力を得て、飲料水、ジュース等を送付。救援物資についても山梨県トラック協会が窓口となり、現地への輸送体制を確保したことから、引き続き食料や生活必需品等の救援物資の輸送などに対応していく。
 県土木部建築指導課では国土交通省からの派遣要請を受け、27日に応急危険度判定士(県行政建築職職員2人、民間判定士18人)を小千谷市に派遣。森林環境部も、治山林道等の復旧業務に技術職員を派遣、復旧建設用資材調達の協力を関係業界へ要請するとともに、保健衛生部門への業務応援のため、福祉保健部と連携し、薬学・化学分野の技術職員を派遣する。
 また、県知事名で26日、県内各市町村長に対し支援要請文書を発出。26日現在の市町村の対応状況は、甲府市、山梨市、南アルプス市、増穂町の3市町が職員等の人的派遣、塩山市、山梨市、大月市、南アルプス市、甲斐市、富士河口湖町の5市1町が物資を提供、寄付金・義援金・募金の提供及び募集については5市14町5村が行う。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野