業界記事

成瀬で2次診断/黒保根小の耐震補強

2004-10-28

 黒保根小学校の耐震補強工事を計画している黒保根村教育委員会は現在、県建築士事務所協会が行った1次診断の結果を基に、2次診断を成瀬設計(桐生市境野町3-1295-10電話0277-44-4324)に委託。今後は、17年度に耐震設計を行うため、来年度当初予算案に設計費を要望している。順調に進めば、18年度に国庫補助の採択を受け、同年に補強工事に着手する計画だ。
 耐震補強の対象となっているのは、昭和46年に建設された校舎棟と体育館。施設規模は、校舎棟がRC造3階建て、延べ床面積2994㎡。体育館がS造平屋(一部2階)建て、延べ床面積922㎡となっている。計画では、要補強と診断されれば、校舎棟から先行して補強工事を実施。完成次第、その後順次体育館の補強工事に着手する方針。
 これまでに同小学校では、大規模改修工事を実施しており、そのときの設計を担当した成瀬設計に今回、随意契約で委託する運びとなった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野