業界記事

11項目を3段階評価/ごみ施設エリア検討で長野市

2004-10-27

 長野市ごみ焼却施設建設地検討委員会(委員長・高川秀雄元市議会議長)は25日、5回目の会合を開き、市が示した18エリアを対象に液状化の発生予想や教育・福祉施設・医療機関の有無など11項目について3段階評価を行い、建設候補エリアを絞り込むことを決めた。次回会合は30日に開く。
 比較評価により候補エリアを決定した後は、エリア内から候補地を絞り込むための基準を決め、これに基づき候補地を選出。熱利用施設や地元還元施設のあり方等付帯意見をまとめ、これまでの検討結果とともに報告書を作成することになる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野