業界記事

17年度実施設計へ/ふれあい道路12号線検討

2004-10-26

 県大里農林振興センターは、江南町で実施中の彩の国ふれあいの里整備事業で、ふれあいの道12号線整備を計画。整備計画策定で、栄設計埼玉事務所(さいたま市、電話048-845-2035)をコンサルに、ワークショップを開催、計画を練っている。
 対象となるのは、須賀広地内の県道深谷東松山線の和田川架橋付近。同県道からJA種子センター横に抜けている既存町道で、延長約200m、歩道はない。江南南小学校への通学路となっているが、通行車両も多く、危険なポイントともなっている。
 このような状況から、町から整備を要請され、センターでも緊急的に対応していく構え。
 今年度は、ワークショップで住民意見を反映させた計画を策定。順調なら17年度に実施設計に着手するが、拡幅整備が必至と見られており用地買収が必要となる。
 町内でこれまで実施しているふれあい道路では、概ねインターロッキングによる舗装や植栽、ベンチなどの設置が見られ、地域ごとに特色を持った整備が行われている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野