業界記事

公共調達新法で与党PT立上げ/調整進めば11月2日提出

2004-10-27

 自民党の「公共工事品質確保に関する議員連盟(議連、会長=古賀誠衆院議員)」は26日、公共工事品確新法(公共工事の品質確保等を目的とした法案)の国会提出を前に、連立与党の公明党との間に同法案の与党PT(プロジェクトチーム)を立ち上げた
 同党は、公明党に対し法案の条文案を提示。27の衆議院法制局での法案認定を待ち、28日にも再度与党PTを開き両党合意を目指す。
 その後、両党は法案を一旦持ち帰り党内調整に入る。自民党は、29日にも政務調査会合同部会を開き審議。調整がスムーズに進めば11月2日に政務調査審議会を開き、党内了承を得る予定だ。各党調整後は、同日にも与党政策責任者会議を開催。両党の合意を得た後に、国会へ提出する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野