業界記事

東滑川海浜地区整備/来年2月提案を受付

2004-10-26

 日立市は、東滑川海浜地区(旧温泉利用施設建設予定地)整備事業の事業者選定に向けて、「日立市東滑川海浜地区整備事業プロポーザルコンペ募集要項」の配布を11月8日(月)から行う。これに伴い、このほど同要項の骨子を公表した。11月12日(金)には説明会も予定。事業者は、法人または複数の法人から構成されるグループで、事業、経営(開発、運営)を行うにふさわしい計画力、資力等を備えた者-などを対象とする。来年3月末には事業者を決定して契約締結まで進め、17年度から事業化する方針だ。
 東滑川海浜地区の土地利用計画は、温泉利用施設整備の事業断念を受けて、周辺地域を含めた土地利用を模索するもの。今までに、市民代表ら13名からなる東滑川海浜地区土地利用に関する検討会議(丸山松雄会長)で方向性を協議。
 その結果、今年の3月に東滑川海浜地区約4・4haについて「医療・福祉・健康」を基本テーマとした土地利用についての提言がまとめられた。このような背景のもと、土地利用や施設整備などについての提案を求め(プロポーザルコンペ方式)、整備計画とそれを実現する事業者の募集を行うことにした。
 募集するのは、東滑川町5丁目地内の約4・4haの土地のうち、北側の約1・7ha及び温泉井周辺の約0・2haもしくはその両方。
 対象事業者は、法人または複数の法人から構成されるグループで、<1>当該地区の事業、経営(開発、運営)を行うにふさわしい計画力、資力、信用及び実行力を備えた者<2>応募の時点で市の一般競争入札参加の停止および指名競争入札参加の停止等の措置を受けていない者<3>複数の提案または複数のグループの構成員になることはできない-など。
 主に対象区域全体を総合した提案とし、提案の土地は譲渡または貸与で有償が原則。海岸に面した部分は市が整備して維持管理を予定する。
 また温泉水の利用は有償を条件とし、必要最小限のくみ上げ施設整備は市が行う。
 募集要項の配布は11月8日(月)~19日(金)に市の政策企画担当で配布。募集要項の説明会は、11月12日(金)の午後2時から市役所241号会議室で開催する。
 応募図書(提案)の受付は来年2月1日(火)~4日(金)で、その後の審査は同7日~末日まで。入選者(事業予定者)の決定は来年3月末の予定。
 なお、事業者の募集要項立案をはじめ、協定・契約書の立案など一連の手続きは、(株)ユーピーエム(横浜市戸塚区戸塚町4668-29)が担当している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野