業界記事

初弾工を12月に/中部第2雨水管

2004-10-23

 大間々中部第2雨水管の整備を計画している大間々町下水道課は現在、詳細を検討しており、早ければ12月にも初段工事となる管渠布設工事250mを指名競争入札で発注する方針。
 同工区は、町道1-14号線沿いの延長250m、口径2000mmのヒューム管を推進工法により、開口型シールドで埋設するもの。また、上流部の延長1000m区間が未整備となっていることから、17年度以降も順次、工事の進捗を図る方針。しかし、合併問題など諸条件が重なるため、17年度は状況を見て18年度から工事を再開し、5年をメドの完成を目指す。今年度の工事費については、補正予算で管渠埋設工事費3億1445万円、水道管移設補償費845万円を確保している。
 工事に先立つ測量設計は、オウギ工設(前橋市上泉町268電話027-233-0561)が担当している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野