業界記事

ホクトが6000㎡の新工場/設計は宮本、12月着工へ

2004-10-22

 ホクト(長野市南堀138-1、水野正幸代表)は、同市内に生アガリクス茸の量産工場を建設する。現在、宮本忠長建築設計事務所(同市)により実施設計が進められており、12月初旬にも建物工事に取り掛かる方針。
 建設地は青木島町大塚字宿294。篠ノ井バイパスと長野南バイパスの交差点付近で敷地面積は約8100㎡。建物規模はS造一部3階建て延べ約6000㎡。建設工事費は4億円を見込んでおり、来年5月の稼動を目指す。
 また、米国ロサンゼルスにも茸生産工場「仮称・ホクトアメリカきのこセンター」の建設を計画。建物規模はS造2階建て延べ約2万6300㎡で、設備投資額は30億円。こちらは来年5月の着工を予定している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野