業界記事

長岡操車場地区公園整備/ゾーニング計画固まる/基本計画案の協議が終了

2004-10-20

 長岡市は18日、第4回目の「仮称・長岡操車場地区公園基本計画策定検討委員会」を開催し、長岡防災シビックコア地区の中で整備する防災対応型公園の基本計画案について協議した。計画案では整備対象約3haの敷地内で平常時、緊急避難時、応急避難・復旧時の3パターンでゾーニング計画・施設配置方針を示したほか、管理・運営計画等について纏めている。同委員会は今回で終了となり、委員会で出た意見を反映させた形で今月下旬開催のシビックコア地区整備計画策定協議会に計画案を諮る見通しだ。
 同公園計画地は、市がシビックコア地区として整備を予定する長岡操車場地区内(千歳1)。災害時の避難場所であり、かつ救援活動拠点としての機能を併せ持つ大規模防災公園として整備する。
 整備の基本理念は、<1>子供から高齢者まで幅広い年齢層が利用できる街なかのオープンスペース<2>市民の安全・安心を支える緑の防災拠点。
 ゾーニング・動線計画は次の通り。
[平常時]
▽考え方=<1>3方向からのアクセスが集中する位置をメインエントランスゾーンに<2>駐車場ゾーンは、都市計画道路・溝橋袋町線に比べ通過交通の少ない都市計画道路・千歳南町線からアクセスできるよう東側に配置<3>全天候型公園施設ゾーンは、広域的な利用が見込まれることから駐車場ゾーンに隣接させるとともに、賑わいを持たせる拠点として市民防災センターにも隣接して配置する<4>新幹線から見えるように花の広場ゾーンを北側に配置

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野