業界記事

アドバイザリー契約へ/PFIで給食センター更新

2004-10-20

 狭山市は第1学校給食センターPFI導入の可能性について、17年度当初予算にアドバイザリー契約料を計上するべく、予算編成会議に予算要望していく考え。アドバイザリー契約に関しては、2か年にまたがることになりそう。
 実施方針等検討業務は、パシフィックコンサルタンツ北関東支社(さいたま市、電話048-600-2550)に委託して、12月28日納期で作業を進めているところ。
 現在進めている業務内容の概要は<1>基本事項および事業進展の前提条件などの整理<2>法制度上の障害と支援措置<3>民間事業者を誘引するための支援措置<4>公民の適切なリスク分担<5>検討に基づくVFM(バリュー・フォー・マネー)の試算<6>事業化シュミレーションに基づくVFMの試算-など。
 新施設は、小規模分散型のドライ方式とする。柏原小学校(柏原1141)と入間川中学校(鵜ノ木6-46)の各敷地内に建設する。センター方式のメリットによるコスト削減効果を維持しつつ、配置予定の2校では、各6から7校分を受け持ち、4000食対応とする。
 既存の第1給食センターは、広瀬東3-32-1に位置。1日約7500食に対応。昭和47年に建設し、敷地面積4400㎡、RC造2階建て、延べ床面積2076㎡の規模。なお現在市内の小中学校27校には、第1給食センターが13校、第2給食センターが14校に供給している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野