業界記事

駐車場管理者を公募/指定管理者制度導入で

2004-10-19

 前橋市は、指定管理者制度導入による公営施設管理の第1号施設として中心市街地にある3つの市営駐車場を選定し、一括して委託することを決め、管理者の公募を開始した。
 指定管理者は、地方自治法の一部改正により、これまで公社や公団等の公共的団体に限られていた公営施設の管理が、民間企業や団体等が代行できるようになった制度。
 今回、委託するのは千代田町2丁目立体駐車場(収用台数200台)、5番街立体駐車場(同441台)、城東町立体駐車場(同415台)。
 指定期間は、17年4月1日~19年3月31日までの2年間。
 指定管理者が行う業務内容は、駐車場の利用に関する業務や駐車場の施設、設備及び物品の保全等。
 応募資格は、市内に本店又は支店を有する、構成員の過半数が市の住民とする団体。
 応募方法は、事業者の概要書、定款、法人登記簿謄本、印鑑証明、決算書、納税証明書、施設運営における事業計画書、収支計画書等の必要書類を揃えて、11月8日までに市商業観光課へ持参して提出する(商業観光課において10月29日までの期間、関係書類を配布している)。
 委託者選定にあたっては、選定委員会で審査を行い特定し、議会承認を経て委託費等について具体的な協議を行う。
 なお、公募に係わる説明会を22日(午後2時~)に市消費者センターで開催する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野