業界記事

県央地域の発展へ/高崎問屋町駅が開業

2004-10-19

 県や高崎市、JR高崎支社らが上越線高崎-井野間へ整備した高崎問屋町駅が16日、開業の運びとなり改札前コンコースにおいて、小寺知事や松浦市長らがテープカットなどを行い新たな都市拠点ゾーンの完成を祝った。また、駅前広場ではオープニングセレモニーとして、獅子舞や吹奏楽、マーチングバンド、民謡踊りなど地元地区の団体によるアトラクションのほか、和菓子、焼き饅頭、新鮮野菜、玩具、駅弁などの展示販売が行われ、新駅の開業に花を添えた。
 式典で小寺知事は「誰もが利用しやすい駅になっている。駅が出来たことにより高崎が益々発展し、群馬県がより発展することを願う」とあいさつ。また、松浦市長は「新駅の設置は、本市の重要施策として位置づけてきた。県央地域活性化の第一ステップになる重要な交流拠点。新駅を核に副都心として発展していきたい」と述べた。この後、矢口県議会議長、柴田市議会議長らが「活気ある場所として愛され続けることを願う」と祝辞を送り、関係者らでテープカットを行った。
 同駅は曲面構造の橋上駅舎。規模はS造2階建て床面積521・7㎡、自由通路の面積は640・2㎡の計1161・9㎡。設計は、東日本旅客鉄道高崎支社が、施工は土木・建築を東鉄工業(高崎市)が担当した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野