業界記事

10か所で山崩れなど/今年度の治山災害状況

2004-10-16

 県森林保全課は、9月末における治山施設等に関する今年度の災害状況をまとめた。
 それによると、主な被害箇所数は集中豪雨による災害が10か所と浅間山の噴火災害が1か所。
 各森林部別に見ると、富岡森林部管内では、南牧村大日向で山崩れ(0・03ha、被害額100万円)、甘楽町秋畑で緑化施設崩壊(0・01ha、100万円)、下仁田町東野牧で山崩れ(0・3ha、2000万円)、同町本宿で山崩れ(0・15ha、4000万円)、同町西野牧で山崩れ(0・02ha、100万円)の5か所。
 また、渋川森林部管内では伊香保町伊香保で山崩れが3か所(0・03ha、1500万円、0・02ha、600万円、0・01ha、150万円)、吉岡町上野田で山崩れ(0・03ha、500万円)の4か所が被災。
 さらに、吾妻森林部管内では中之条町四万で山崩れ(0・01ha、100万円)が被害を受けた。
 一方、浅間山の噴火により嬬恋村鎌原で火口監視カメラが破損、被害額は1億5000万円。この災害については、災害扱いにするかを検討中。
 これ以外の豪雨災害については、いずれも付近に人家等が無いことから当面は県単の災害予算で対応する方針で、現在各箇所の緊急性を精査している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野