業界記事

11月に一括発注へ/保健センター建設工事

2004-10-16

 薮塚本町は、10月の臨時議会で、(仮称)保健センター建設工事費を17年度までの債務負担行為として、限度額2億8430万2000円を設定する議案をこのほど可決した。今後、発注に向けて準備を進め、11月中旬にも設備などを含め一括で工事を発注する。建設場所は、大原地内にある中央公民館と文化ホール及び図書館に隣接する南側の町有地等で、敷地面積は約6000㎡を確保している。総事業費は、土地購入費なども含めて4億3000万円を試算している。
 この事業は、15年12月の補正予算に設計費を計上し、本格的に事業が動き出した。これまでに建設委員会の中で健康推進の拠点となる施設を計画している。また、今年度は当初、早ければ8月にも指名競争入札で工事発注し、10月からの工事着手を目指していたが、国からの補助が予定より少なく、全体事業費の15・5%程度しか確保できなかったため、今年度は基礎部分のみを11月頃に発注し、17年度に本体工事に着手する考えでいた。しかし、2か年で基礎工事と本体工事をそれぞれ発注すると、工事が複雑化する恐れもあることなどから、対応策として今回、10月の臨時会で債務負担行為として17年度までの限度額2億8430万2000円を計上し、11月中旬に一括発注し、2か年事業で建設することを決めた。
 建設場所は、大原地内にある中央公民館と文化ホール及び図書館に隣接する南側の町有地等の敷地面積約6000㎡を確保。役場周辺の同地内は、公共施設が集中しており、住民の利用や交通面などを考え、その一画に保健センターを新設する予定。施設規模は、S造平屋建て、延べ床面積987・75㎡を想定。内部は事務室、機能訓練室・運動室、検診室3室、会議室兼保健室、母子相談室、歯科保健室、栄養実習室、検査室、相談室などを設置。選定などを早急に行い、11月中旬にも建設工事を設備などを含め一括で発注する方針。
 工事に先立つ設計はを西岡設計(太田市藤阿久749-8電話0276-31-2771)が担当している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野