業界記事

鬼怒川、小貝川で災害調査中/水海道で水位上昇/台風22号の出水状況

2004-10-16

 国土交通省関東地方整備局下館河川事務所は、台風22号による鬼怒川・小貝川の出水状況をまとめた。管理河川の流域では、今月8日15時から9日20時までに、栃木県藤原町の川治雨量観測所で累計雨量131mm、栃木県芳賀町の祖母井雨量観測所で累計雨量121mmの降雨を記録。
 この降雨により、鬼怒川及び小貝川において水位が上昇し、小貝川は三谷・黒子・上郷・小貝川水海道の水位観測所で警戒水位を超えた。鬼怒川でも、川島・鬼怒川水海道の水位観測所で指定水位を上回る出水。特に小貝川では、すべての基準観測所で警戒水位を超える出水となった。
 鬼怒川、小貝川とも、河道内における施設災害等は調査中。
 出水対策では、排水機場、排水ポンプ車等の稼働により支川水位の上昇を抑制し、水害の防止に効果を発揮した。主な機場の稼働状況(12日9時現在)は、伊丹排水機場が167時間で475万3000立方m、糸繰川排水機場が63時間で174万1000立方m、など。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野