業界記事

ランダムセレクトで落札/終末処理場電気設備工事

2004-10-15

 燕市は13日、下水終末処理場水処理施設(電気設備)工事の再入札にあたり、同市初となるランダムセレクト方式を導入して入札執行。その結果、(株)日立製作所・(株)つばでん特定共同企業体が1億950万円で落札した。
 再入札は8月25日に一般競争方式で執行した入札を市が無効とし、改めて8JVを指名して実施したもの。再入札では8JVのうち4JVが入札を辞退。残る4JVのうち抽選で1JVが入札不参加となり、結果として3JVで入札を行った。
 なお、県内では昨年12月に県病院局が新発田病院等移転新築(建築)工事で、新潟市が総合卸売センター青果棟建設工事でそれぞれ同方式を導入した入札を執行している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野