業界記事

一般競争入札の公告へ/東中根高場線/高架橋橋脚工の5基を発注

2004-10-15

 ひたちなか市は、市道東中根高場線立体交差事業に伴う高架橋下部工事を、近く一般競争入札にて公告する見通しだ。対象となるのは山側(那珂町側)から海側(ひたちなか市側)にかけて、P1からP5までの橋脚部。入札件数およびJV編成の有無は指名審査会にて方針を固める。その後、平成17年度から2か年で上部工に着手する方針。
 この橋梁架設事業は、市道東中根高場線の稲田地内において、国道6号と交差する付近の交通渋滞が著しいことから、国道6号に東中根高場線の高架橋を架けるもの。
 現在までにA1、A2の橋台2基が完成しているほか、両サイドのアプローチとなる擁壁工を横須賀組・上肥JV(山側)、よこすか建設・大曽根建設JV(海側)がそれぞれ実施。横断管工事を安藤建設が進め、国道6号の一部改良等を西野工業が行っている。
 高架橋の下部工は、この国道6号一部改良と併行して進めていく。対象となるのは、山側から海側にかけて、P1からP5までの橋脚部。今年度の予算事業だが、工期的に来年度まで繰越される見通し。
 来年度予算では、上部工に費用を投じていく方針で、工事は17・18年度の2か年を見込む。18年度の下期には、側道を一部整備するほか、案内板や指示板、照明灯などを設置し、18年度内の完成を目指す。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野