業界記事

基本構想の策定に着手/駅周辺の整備/JRコンサルタンツが担当

2004-10-13

 石岡市は、JR石岡駅の周辺整備で、基本構想の策定をJR東日本コンサルタンツに委託するとともに、庁舎内に策定委員会を発足し、事業の方向性などについて協議を進めている。委員会では、現在までに2度の協議を行ったが、12月中にも第3回目の協議を開く考え。周辺整備については、駅舎の橋上化が中心になるとみられる。17年1月ごろには住民説明会も予定されている。
 整備の対象となっているのは、駅舎、駅前広場、西友跡地などで、このうち駅舎では橋上化が計画されている。
 市では、基本構想の策定とあわせて7月に庁舎内に策定委員会を発足。現在までに2度の協議を進め、駅周辺の現状を把握しながら、問題点を話し合うとともに、事業の指針となる方向性について協議を進めている。
 協議にはJR東日本コンサルタンツの担当者も出席しているため、委員会での意見が構想に反映されることになる。
 今後、12月中にも第3回目の協議を開き、17年1月ごろに住民に事業の内容を説明する考え。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野