業界記事

内訳表の数量明示へ/長野市入札検討委で

2004-10-08

 長野市入札制度見直し検討委員会(委員長・鵜飼照喜信州大学教育学部教授)は7日開き、入札前に公表している入札用金抜き設計書のうち、施工内訳表に積算数量(標準歩掛)を明示することを決めた。
 入札参加者が予定価格をより適切に見積れるよう取られた措置で、国および県に準じたもの。歩掛基準には県土木部監修の「積算基準及び標準歩掛」などの積算基準書を使用する。
 なお、同委は今会議をもって解散の予定。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野