業界記事

東川雨水対策実施設計に1652万円/簡水統合では2600万円/9月補正

2004-10-07

 増穂町は、9月定例町議会で一般会計に1億1094万2000円を追加、当初からの同会計総額を51億6530万3000円とした。関係する特別会計では、簡易水道事業に1680万4000円を追加した。
 建設関連では、東川雨水対策実施設計委託費(1652万円)を計上。
 これは、平成15年度から継続して進めている雨水の排水路で、同河川の主要幹線部分(L1500m)を整備するもの。設計委託時期は、未定だが、来年度以降の着工を予定している。
 これまで、東川では、第1、第3、第5排水区の雨水渠工事が発注されており、今後、第9排水区まで継続し整備を進めていく方針。
 このほか、穂積地区簡易水道統合整備工事費(2600万円)が盛り込まれた。
◇ 建設関連予算の概要は次のとおり。(単位千円)
 〈一般会計〉
【衛生費】
◆生活環境
◇負担補助及び交付(中巨摩地区広域事務組合負担)31、864
【土木費】
◆街路
◇工事=更正マイナス23、300
◆公園整備
◇工事(植栽)1、500
◆雨水対策
◇委託(実施設計)16、520
◇補償補填及び賠償(東川第1・第3排水区工作物補償)1、080
【諸支出金】
◆ふれあい基金
◇積立金=23、441
 〈簡易水道事業特別会計〉
【事業費】
◆簡易水道
◇工事(穂積地区簡易水道統合整備)26、000
◇補償補填及び賠償(県道舗装復旧補償)更正マイナス9、267

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野