業界記事

建材試験センターからISO14001取得/地球人の意識で取組み

2004-10-06

 (株)紅梅組(本社・横浜市西区戸部本町、稲田栄三郎社長)は5日、財団法人建材試験センターからISO14001の登録証の交付を受けた。同社は1998年12月に神奈川県に本社を置く総合建設会社の中で、建築部門として初めてISO9001の認証を同センターから受けている。今回のISO14001の取得も同社の環境分野に対する全社的取り組みの意識の高さを示すものとして注目される。
 同社は大正13年創業、昭和21年設立の神奈川県内有数の老舗の総合建設会社。今回のISO14001の認証のために、昨年の10月にプロジェクトチームをスタートさせた。チームのリーダーは「環境ISOを取得するにあたっては、単に仕事を処理するという意識ではなく、自分は地球人であるという意識をもって取り組んでもらいたい、とチームの構成員に伝え、共通の価値観を持てたことが作業を進めるうえで効果があった」と語る。
 また、「ISO14001を取得したことが、業務のコストダウンにつながっていかないと、継続が難しくなるので、日常の仕事のあらゆる面を見直し、コストダウンを実現させたい」と述べた。
 さらに、「建設業は現在、曲がり角に来ているので、ISOを最大限に活用して会社の業績向上につなげ、若い世代の社員が20~30年後に安心して働ける環境をつくっていきたい」と抱負を語った。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野