業界記事

今月から無料開放/表筑波スカイライン

2004-10-02

 茨城県道路公杜が管理してきた表筑波スカイライン(L10km)が9月30日で料金徴収期間(30年間)が満了となり、10月1日から無料開放となった。料金徴収期間の最終日となった30日には、同公社が道路通行者に記念品を配布するとともに、夕刻には管理事務所に関係者が集まって業務終了式を行い、これまでの尽力をねぎらい合った。
 表筑波スカイライン(愛称=パープルライン)は、水郷筑波国定公園内の風返峠から不動峠を経て朝日峠に至る道路。昭和47年12月から49年9月にかけて、有料道路事業として17億円の事業費で建設された。
 今後の管理は、一般県道筑波公園永井線として茨城県が引き継いだ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野