業界記事

11月15日から施行へ/鉾田町の残土処理条例

2004-10-02

 鹿島郡鉾田町では、「土砂等による土地の埋め立て・盛土及びたい積の規制に関する条例(残土条例)」の一部改正についてこのほど、9月に開かれた第3回町議会定例会で議案が可決され、今年11月15日から施行することになった。
 この残土条例は、土砂等の埋め立て、盛土、たい積行為によって発生する生活環境の悪化及び災害の発生を未然に防止し、必要な規制を行うことで町民の安全と良好な生活環境を保全することを目的に制定している。
 今回の改正点は、<1>適用範囲を200㎡以上~5000㎡未満へ規制強化<2>改良土による埋め立て等原則禁止の2項目。
 適用範囲は、従来の「500㎡以上」から「200㎡以上~5、000㎡未満」に変更されたことから、これまで規制がかからなかった埋立て等について許可が必要となるほか、これまで特に規制のなかった建設汚泥を中間処理した、いわゆる改良土による埋立等を原則禁止とした。
 なお、5000㎡以上については、茨城県残土条例の許可が必要になる。
 事業者が許可申請する場合は、<1>事業計画書<2>位置図及び見取図<3>公図の写し及び周辺土地利用図<4>契約書の写し<5>隣接地権者の同意書及び区長の意見書<6>土地改良区又は維持管理組合の同意書<7>登記簿謄本<8>土砂等の発生場所位置図及び搬入経路図<9>現況平面図及び現況縦横断面図<10>計画平面図及び計画縦横断面図<11>雨水等の排水対策計画図<12>道路水路等を占有する場合の許可書の写し<13>埋蔵文化財の有無に関する回答書の写し<14>農地の場合は許可書の写し<15>土砂等の発生、処分フローシート<16>土砂等発生元証明書<17>土壌分析結果証明書<18>誓約書<19>印鑑登録証明書等の書類が必要となる。
 問い合わせは、鉾田町役場生活環境課(電話0291-33-2111内線371・372)まで。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野