業界記事

響ケ丘3号棟(18戸)に着工/今年度事業計画

2004-07-31

 県土木部住宅課は今年度事業で、双葉響ケ丘団地3号棟建設工事に着手するほか、県営住宅改善事業で既存3団地の下水道接続工事、2団地の天井改修工事、7団地の風呂釜改修工事などを主に実施する計画だ。このうち、双葉響ケ丘団地3号棟建設工事(RC造3階、18戸)については、今月15日に本体建設工事の公募型指名競争入札を公告済みで来月27日の入札執行を予定。また、同工事に係わる電気、機械設備工事については、指名競争入札により追って発注する予定。
 今年度の県営住宅建設事業では、14年度から着手している双葉響ケ丘団地で、既に完成している1、2号棟に続き今年度は3号棟の建設工事に着手。同棟はRC造3階建て、18戸を備え、延べ床面積は1424・17㎡の規模を予定。事前公表予定価格は2億4496万5000円(税込)。来年9月までの工期で建設を進める。また、当初計画で今年度に着工を予定していた双葉響ケ丘団地4号棟建設、若草下今井団地2号棟建設工事については、今年度事業での国庫補助の確保が難しい状況となったことから、着工が来年度以降に見送られる見通しとなっている。
 県営住宅改善事業では、今年度当初予算で事業費1億4600万円余を予算計上。貢川団地7、8号館(甲府市)、粟生団地1号館(塩山市)、久那土団地1・2号館(下部町)、八田第2団地(南アルプス市)、旭団地(韮崎市)、田野倉団地(都留市)、御坂団地(御坂町)の県営7団地において、風呂釜取替え工事(予算6603万7000円)を行うほか、寿団地、新屋団地の天井改修工事(予算5896万9000万円)、青柳第2団地ほか2団地の下水道接続工事(予算2197万5000円)などを実施する。
 県総務部営繕課は来年度からの電子入札の一部導入開始に備え、電子媒体(フロッピー等)による配布の適用範囲を10月1日から拡大する。現在、予定価格1000万円以上の工事で実施している積算内訳書(金抜き)については予定価格250万円以上に拡大適用するほか、設計図面も建築工事で予定価格2000万円以上、電気・機械設備工事については予定価格1000万円以上を電子媒体による配布の対象とする。また、設計等の委託業務についても、予定価格が100万円以上の業務委託仕様書について新たに電子媒体での配布を開始する。
 県営繕課では、昨年度から予定価格が1000万円以上の工事の積算内訳書(金抜き)について、電子媒体(FD)渡しを実施。土木部においては全ての工事で内訳書・設計図面の媒体渡しを実施しており、来年度から一部開始となる電子入札への備えた措置として、電子媒体による配布の範囲を広げるもの。
 指名された業者は、設計図書の配布時にウインドウズ上で使用できるフロッピーディスク(2HD)またはCDーRWを内容を空にして持参。持参する媒体については、案件の内容により異なるため、その都度指定される。持参した空の媒体と、営繕課が配布する「積算内訳書(金抜き)または「積算内訳書(金抜き)及び図面」等が入った電子媒体と交換。
 営繕課から渡される電子媒体には当該工事の「積算内訳書(金抜き)」または「積算内訳書(金抜き)及び図面」のファイルが書き込まれている。ファイル形式はウインドウズ版のPDFファイル形式及びRIBC(営繕積算システム)のCSV変換形式(xls計式)となる。
 業者は媒体の内容を印刷、見積金額を記入し、請負者名と積算担当者名を記載した表紙(A4)を付け、入札、見積もり合わせの時に提出(エクセル形式を利用する場合にはPDF形式の内訳書とページを合わせること)する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野