業界記事

桂設計に最適者決定/障害者福祉施設建設に向け

2004-07-31

 常総地方広域市町村圏事務組合がプロポーザルで選考していた障害者福祉施設建設計画の基本設計者について、最適者が(株)桂設計(東京都新宿区市谷田町3-8)に決まった。県内外のコンサル9社を指名し、6月末までに提案書の提出があったもの。今後、組合では17年度に着工する予定でいるため、国庫補助の手続きについても年内に茨城県と事前協議を進める考え。
 常総広域圏内では現在、民間の障害者福祉施設は整備されているが、公設での施設を求める声が多かったため、18年度までの3か年で計画を進めることになったもの。県内の地方自治体では水戸市と、日立市が障害者福祉施設を運営しているが、組合が運営するのは初めての例という。
 建設予定地は、水海道市大生郷町地内の特別養護老人ホームキングスガーデン隣接地で、土地面積が約2万㎡。
 建物については、身体者障害者療護施設と、知的障害者更生施設を建設する。規模をみると、療護施設は入所定員が50名で、RC造平家建て、建築面積が2500㎡。更生施設は入所定員が80名で、RC造平家建て、建築面積が3500㎡で計画されている。
 今後、17年度に着工し、18年度までの2か年で建設。19年春に開所する見通し。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野