業界記事

新たに2地域で営巣確認/甲府北部オオタカ生態調査で

2004-07-31

 新山梨環状道路北部区間周辺でオオタカの生態を把握調査をすすめている国土交通省甲府河川国道事務所は、新たに2地域で営巣を確認したことを発表した。
 28日に開催した甲府北部オオタカ検討会のなかで報告したもので、この日の検討委では、このほか2営巣期の行動圏調査が終了した2営巣地について行動圏内部の利用区域の解析結果が報告された。
 今後は新たに確認された2営巣地で2営巣期にわたる行動圏調査を行うとともに、行動圏調査を終えた14年に確認された2営巣地については引き続きモニタリング調査も実施する予定。
 同事務所では、新山梨環状道路の計画にあたり、同北部区間にある自然や歴史、文化の豊かな甲府市北部地域について、野鳥の専門家による甲府北部オオタカ検討会を12年11月に設立し、甲府北部地域におけるオオタカの生態を把握するための調査を実施している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野