業界記事

本県では新規6件/地域新生コンソーシアム事業など採択

2004-07-30

 関東経済産業局では、今年度の地域新生コンソーシアム研究開発事業、地域新規産業創造技術開発費補助事業、地域新規産業創造技術開発費補助事業を採択した。
 このうち、本県関係では(財)やまなし産業支援機構が実施する、赤外線加熱を用いた窒素酸化物半導体の新しい単結晶作成法の研究開発など、合わせて6件が新規採択となった。
 各事業のうち、地域新生コンソーシアム研究開発事業は、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、大学等の技術シーズや知見を活用した産学官の強固な共同開発体制(地域新生コンソーシアム)の下で、実用化に向けた高度な研究開発を行う。
 また、中小企業地域新生コンソーシアム研究開発事業は、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、大学等の技術シーズや知見を活用した中小企業を中心とする産学官の強固な共同研究体制(地域新生コンソーシアム)の下で、実用化に向けた高度な研究開発を行うことを目的とする。
 このほか、地域新規産業創造技術開発費補助事業は、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、中堅・中小企業による新分野進出やベンチャー企業による新規創業といった、リスクの高い実用化技術開発を支援するもの。
◇ 今年度採択事業は次のとおり。(敬称略)
【地域新生コンソーシアム研究開発事業】
◆赤外線加熱を用いた窒素酸化物半導体の新しい単結晶作成法の研究開発
 ・委託先=(財)やまなし産業支援機構
 ・プロジェクトリーダー=進藤勇
 ・所属=(株)クリスタルシステム
 ・研究実施=(株)オプト、東京農工大学、県富士工業技術センター、(株)クリスタルシステム
◆低温プロセスによる高品質酸化亜鉛透明導電膜の成膜装置の開発
 ・委託先=県中小企業団体中央会
 ・プロジェクトリーダー=松本俊
 ・所属=山梨大学
 ・研究実施=(株)中家製作所、(有)塚原製作所、山梨大学、県工業技術センター
【中小企業地域新生コンソーシアム研究開発事業】
◆複合電磁波による汚泥減量化装置の研究開発
 ・委託先=富士吉田商工会議所
 ・プロジェクトリーダー=乙黒親男
 ・所属=県富士工業技術センター
 ・研究実施者=山叶産業(株)、(株)トーコー、山梨大学、県富士工業技術センター
【地域新規産業創造技術開発費補助】
◆高分解能・高速診断PET装置用シンチレータ単結晶の実用化開発
 ・企業名=(株)オキサイド(小淵沢町)
◆水溶液法による大型基材対応防曇性セラミック薄膜の研究開発
 ・企業名=(株)クリスタルコート(小淵沢町)
◆低温排熱発電に供する2相式全溶接プレート式熱交換機
 ・企業名=(株)ゼネシス(塩山市)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野