業界記事

建設契約は12月議会で/整地工事はじまる/長野市の新共和小学校

2004-07-29

 総事業費57億円を見込む一大プロジェクト「新共和小学校建設事業」の整地工事が始まった。事業主体の長野市では、建設工事契約を12月定例会での承認案件とする方針で、今後、地元を交えた最終調整と平行して発注方法などの確定を急ぐ。
 現在進められている整地工事(市土地開発公社発注)は、事業地2万8000㎡のうち、グラウンド及び駐車場予定地8000㎡の土砂整地と築造済み外周道路440m(幅員5m)のアスファルト舗装を行う第1期工事。施工は北野建設(長野市)で、工期は10月15日。
 また、エーシーエ設計(長野市)による実施設計も秋に納品の見通しで、これらを待って施工者選定に係わる入札作業に取り掛かる。校舎など建物予定地の整地は建設工事に包含する。
 建物構成は普通教室棟2棟(平屋及び2階建て)、特別教室棟1棟(2階建て、3棟の総延べ約6800~6900㎡)、アリーナ棟(平屋一部2階建て約1260㎡)、25mプール(A425㎡)。グラウンドは200mトラックを確保し、アリーナ隣には児童センターも整備する(配置図は16年1月21日付け1面)。
 開校は18年4月で、プールのみ18年度内(水泳シーズン前まで)にずれ込む見通し。
 事業費については当初予算で13億1248万円を計上するとともに、限度額16億1100万円(うち児童センター分8100万円)の来年度債務負担行為を措置済み。
 なお、第1期整地工事を発注した土地開発公社では、残る約450mの外周道路新設を今年または来年の秋から冬に、また、第1期整地部分の表層仕上げを行う第2期工事を来年秋に発注する。
 えとき…新共和小の建設予定地

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野