業界記事

9月に修景池工を/市場地区水質保全対策

2004-07-29

 太田市市場地区で水質保全対策事業(一般型)を進めている県東部農業総合事務所は、9月中の発注に向けて、水生植物浄化施設設備(水生植物帯)の建設を計画。当初予算に整備費として3000万円を計上。同施設整備は、修景池の整備で全体面積が約2000㎡。今年度は、池の形成のための基礎工事を行う考えで、17年度に植栽工事を予定している。
 同地域は、太田市北東部で足利市の境界近くにあり、一級河川矢場川の上流部に位置している。対象用水路は農業用排水路として利用され水路上流部は水路に沿って、小面積の水田、林地、未利用地が残されている。しかし、水路下流部は第一種住宅地に地域指定されているほか、工業団地の造成によって自然が減少し周辺開発、宅地化に伴って生活雑排水の流入、土水路の減少によって水質の汚濁が進行しており、地域環境に悪影響を与えている。このため、水質浄化施設を設置し農業用水利施設を改善するとともに、下流公共用水域の水質改善に寄与することを目的に、地域農業の生産性の向上や維持管理に対する農家負担の軽減、下流公共下水である矢場川の水質保全を図るため、農業用水路の整備や水質浄化対策。さらに、これに伴う附帯施設、維持管理施設の整備などを行う予定。
 主要工事として水路護岸工事300m、堰改修工事、水質浄化施設整備、維持管理施設整備、維持管理施設整備、環境施設整備などを行う。これまでに下流側から工事を進めており、15年度から更に上流部となる太田市只上地内を整備。総事業費として4億6000万円を試算している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野