業界記事

バイパス部設計へ/駒岩拡幅事業

2004-07-28

 国道353号の中之条町四万から湯原、駒岩、秋鹿までの区間の拡幅工事を進めている県中之条土木事務所は、これまでに湯原工区(L1600m)、駒岩工区(1800m)の区間での拡幅改良工事を実施し、今後は秋鹿工区での事業展開を図る。今年度は、用地買収をメーンに行うほか、通称秋鹿バイパスと呼ばれているバイパス部分の設計業務を実施する。設計は、道路部分のほか橋梁についても実施したい考えだ。
 現道は、四万川の右岸側を通っているが、同バイパスは、一度四万川を越え左岸側に渡り、その後再び四万川を渡り現道に接続する。このため橋梁2基のほか、大がかりな道路工事が予想される。
 同線は、桐生市を起点に中之条町を南北に縦断し、新潟県に至る重要な幹線道路。同事務所で工事を計画している区間は、四万温泉をはじめ観光地として賑わいを見せているが、幅員が約6mと狭隘なうえ、急カーブも多く、交通渋滞も多発している。
 このため、同事務所では昭和62年から同区間での拡幅をメーンした改良工事を継続して促進している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野