業界記事

17年度に改革プラン策定/県立病院改革へ検討会議

2004-07-28

 県病院局は26日、「県立病院改革検討会議」を立ち上げた。これは、県立病院の経営状況の現実を踏まえ、経営健全化を図るための具体的改善策及び今後のあり方等について、民間有識者等により広く検討を行うことを目的に設置したもの。
 県立病院の経営は、現状で累積赤字額が大きいことに加えて医師不足の問題もあり、安定的医療の供給が困難な状況になっている。同会議は、今年度内に計4回開催し、経営改善に向けた具体策及び独立採算性や民間への経営移譲を含む今後のあり方を検討し、県病院局長に報告。県では報告内容に基づいて平成17年度に「(仮称)県立病院改革プラン」を策定し、具体的施策の実施段階に入る見通しだ。
 構成委員は次の方々(所属)。※敬称略
▽青木孝直(竹田綜合病院長)▽伊藤正一(県病院局参与)▽嘉藤収(新潟県厚生農業協組連合会常務理事)▽金子兼三(長岡赤十字病院長)▽金子健三(新潟経済社会リサーチセンター理事長)▽下条文武(新潟大学歯学部総合病院長)▽近野茂(近野茂公認会計士事務所)▽長谷川彩子((有)はせげん代表取締役)▽望月綾子(新潟県看護協会会長)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野