業界記事

来月31日に一般競争/笠間の処分場

2004-07-28

 (財)茨城県環境保全事業団は、笠間市福田地区に整備を進めている公共処分場「エコフロンティアかさま」で、このほど管理棟兼環境学習施設建設工事の一般競争入札を公告した。参加者の主な資格要件は、県の経常JV(建築)の格付け「S」で総合点数1070点以上。今後、参加申請を8月3日に受け付け、8月31日に開札する(公告概要は23日付第8面に掲載)。
 管理棟兼環境学習施設は、処分場の維持・管理施設、環境教育の場として計画。整備地は最終処分場の北東側で、敷地は約3500㎡。計画規模は、本館がS造2階建て延べ1773・33㎡、格納庫が61㎡。
 本館は、1階が延べ863・80㎡で、エントランスホールや情報管理・管理事務室、役員室、応接室、会議室、資料室、倉庫など。2階は延べ909・53㎡で、多目的研修室、第1展示室、第2展示室、収蔵庫、小会議室、放送局、倉庫など。設計は(株)戸頃建築設計事務所(水戸市松が丘)が担当した。
 今回発注する工事は、本体施設の建築・電気・設備工事および外構工事。建築工事の主な内訳は、直接仮設工事、土工事、コンクリート工事、防水工事、木工事、建具工事、硝子工事、塗装工事、昇降機設備工事など。予定価格は3億1500万円(消費税含む)。工期は来年6月15日まで。
 エコフロンティアかさまの整備では、最終処分場、溶融処理施設、浸出水処理施設の各工事などが進んでいる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野