業界記事

整備位置は板井地区に/選定委員会で決定/みどりと森の運動公園

2004-07-27

 黒埼地区で「みどりと森の運動公園」の整備を計画している新潟市は、23日に第2回目の整備位置選定委員会(委員長・加藤健一助役)を開催し、板井地区の北側を整備位置とすることを決定した。
 同公園の整備は、新潟市と旧黒埼町の合併に伴う合併建設計画に盛り込まれたもの。多様化する市民のスポーツニーズに対応するため、広域的にだれもが手軽に各種スポーツやレクリエーション等を楽しむことができる、緑がいっぱいの運動公園として整備する。敷地面積は約15haを想定。
 整備位置の選定にあたっては、<1>黒鳥(2か所)<2>木場<3>板井(2か所)<4>金巻<5>小平方<6>北場<7>鳥原地区―の7地区9か所を候補地に選定。
 今回の選定委では、道路網や排水面など10項目から総合的に評価。委員の投票による第1次審査で、木場地区の1か所と板井地区の2か所が上位を占めたが、続く第2次審査でも1位を獲得した板井地区北側が総合的に判断して整備位置に相応しいと結論付けた。
 整備位置は、北陸自動車道と上越新幹線に挟まれた場所。将来的にスマートICの設置が期待される黒埼PA付近であり、大外環状線想定ルートからも近い位置となる。
 公園の運動施設は、野球場(観客席3000席)や多目的広場(グラウンド)、庭球場、プールなどを予定。整備イメージでは、敷地内をスポーツゾーン、森林ゾーン、駐車スペースに大別。スポーツゾーンには屋内施設や野球場、多目的広場、植栽スペースなどを配置し、森林ゾーンには森林エリアや水景エリア、エントランスなどを配置する。
 今年度は地質調査や地形測量を行うほか、基本計画を策定する見通しだ。
 委員会の最後で市側は「親しみがあり、人々から喜ばれる公園となるよう整備計画を立てたい」と今後の方針を示した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野