業界記事

省エネビジョン・策定業者が決定/17年度より重点調査

2004-07-24

 板倉町環境課は、省エネルギービジョン策定事業委託調査業者を公募していたが、このほどプレゼンテーションを行った結果、板倉町省エネルギー策定事業調査提案JVを特定。同JVは東洋大学藤田研究室・NPO法人世界遺産ネットワーク・環境開発研究所の3者で構成されている。今後は、NEDO(独立法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の補助採択に向けて、2月末までの工期で調査内容をまとめ、17年度から重点調査に乗り出す考え。委託額は810万円となっている。
 調査内容は、初期段階調査としてビジョン策定に必要となるエネルギー需要の動向、潜在的省エネルギー可能性量等の省エネルギーに関わる基本計画及び対策の基本的な方向、面的な広がりを有する重点プロジェクトの実行プログラムの検討を行い、板倉町省エネルギービジョンを作成する。さらに、省エネルギー啓発メディアとしてGIS上のサイバー省エネタウンのプロトタイプを作成。サイバータウンを自治体と地域住民の双方向の「省エネ情報空間」として公開し、省エネルギー啓発メディアとしての可能性を調査するもの。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野