業界記事

あけぼの医療センタ一般5件、公募6件で/第2四半期以降は全980件に

2004-07-24

 山梨県は今月23日現在で、今年度公共工事発注計画(第2四半期)を公表した。当初の発注計画に基づき、その後の変更、追加等の内容を更新したもので、第2四半期以降の発注予定箇所は一般競争20件、公募型指名36件、通常指名919件、随契5件など全体で980件となっている。今回の更新では総務部営繕課の発注予定で、あけぼの医療福祉センター改築に係わる建築主体4件、管1件の一般競争、機械設備3件、電気3件の公募型指名を新たに加えたほか、土木部の所管では第3四半期の発注を見込む県代行武川公共下水道終末処理場建設工事の発注形態を機械電気の一般競争と、建築の公募型指名の2分離に変更している。(発注計画一覧は順次掲載)
 発注予定箇所の所管別内訳は、営繕課が95件(一般競争13件、公募型指名16件、通常指名66件)、観光課が通常指名1件、森林環境部が通常指名125件、農政部が通常指名競争228件、土木部513件(一般競争7件、公募型指名20件、通常指名483件、随契3件)、企業局18件(通常指名16件、随契2件)。
 このうち、一般競争、公募型等の対象案件では、営繕課の所管で新たにあけぼの医療福祉センター改築に係わる一般競争5件、公募型指名6件を予定に追加。同事業は韮崎市旭町上条南割地内にある同医療福祉センターの既存施設の老朽化に伴い新たな利用者ニーズへの対応、機能の充実を図るため、新たな施設に改築整備するもの。新たな施設は、医療・管理棟(RC造2階建て、5866㎡)、重症心障害児施設棟(RC造平家、2423㎡)、肢体不自由児施設棟(RC造平家1826㎡)、肢体不自由者更生施設棟(RC造平家、3002㎡)で構成、付属施設を含めた総延べ床面積は1万3625・37㎡の規模を計画。発注は、4棟ごとに、それぞれ建築主体、機械設備、電気設備等に分離を予定。建築主体等の一般競争については9月頃の公告、機械電気等の公募型指名は11月頃の公告が見込まれる。
 また、土木部の所管では県代行事業の武川村公共下水道終末処理場工事で、当初、建築、機械、電気の一括としていた発注形態を、建築と、機械・電気設備の2分離発注に変更。建築は公募型指名、機械・電気設備は一般競争でいずれも第3四半期の発注を予定する同処理場は、武川村牧原地内の敷地(約2400㎡)にOD(オキシデーションディッチ)方式で、処理能力日最大1010t、処理人口3080人の規模を見込み、今年度から3か年で整備を計画。総事業費は予算ベースで約7億円。このほか公募型指名の対象で国道358号精進湖トンネル非常用設備工事(上九一色村)、非常用設備一式、大円川河川工事(甲府市、ゲート設備工1式)、釜無川2号幹線管路施設工(韮崎市、開削・推進工法L310m)、富士川3号幹線管路(市川大門町、推進L250m)などの予定が追加された。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野