業界記事

2800mの寄居第二支線築造/11月に3工区公募型公示

2004-07-26

 県企業局第二水道建設事務所は、今年度から2か年で寄居第二支線を整備する。現在は内部で一般部の設計作業を進めており、11月に寄居町赤浜・川本町本田地内の延長2780mを、3工区に分けて工事発注(公募型指名競争入札)する見通し。17年度は、残りの区間を2工区程度に分けて発注する。
 同線は、計画延長4100m。φ400mmのダクタイル鋳鉄管を、開削工法により新規に埋設する。土被りは1・2m。ルートは、寄居幹線(既設・φ800mm)の農林公園(川本町本田5768)西口前から、不断水工法で管を接続。県道と町道を経由し、寄居町が整備する仮称・男衾配水場(富田90)まで。途中、関越自動車道を横断する。
 また、このほど不断水分岐等設計業務を共和コンサルタント(さいたま市、電話048-829-2401)に委託。17年1月28日を納期として作業を進める。同業務は不断水分岐工か所、関越道横断か所、排水弁設置予定か所を実施設計レベルまで仕上げるもの。
 関越道横断か所については、川本町道に認定されている既設ボックスカルバート内に管を通す。排水弁は、関越道と吉野川の交差部周辺に設置する予定となっている。
 同事業は、「彩の国資源循環工場整備事業」に伴い寄居町での水需要が増えるために行われるもの。町が建設する仮称・男衾配水場に県水を供給するための送水管路線と位置付けられている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野