業界記事

高速道路料金にマイレージ制度導入/谷口道路局長が示唆

2004-07-26

 国土交通省の谷口博昭道路局長は23日、就任会見で「道路関係四公団民営化関係四法案が可決し、来年には新会社が設立される。料金引き下げ問題含め時間があるようで無いのが現状だ。現公団と連携し新会社設立準備を進めたい」と抱負を述べた。
 また、当面の課題として、先日の新潟・福井の集中豪雨による災害復旧を上げ「県と協力して迅速な対応を実施していく」と強調。長期的課題には「今後の道路整備は、電気・水道・地下鉄など人が住むためのライフラインを確保した多用な道路が必要だ」と述べ、ハードとソフトの両面を兼ね備えた「21世紀型道路として道路ルネサンスと名付けた」と言明した。
 さらに、高速道路の料金1割引き下げについては「具体的な実施箇所や内容は、9月にまとめ発表する」に留めたが、サービス向上例として「一般利用者向けに、航空業界のようなマイレージ制度を設けサービス向上を図ってもよいのでは」と示唆した。
 さらに、景観法が成立し今後さらに沿道地域に見合った道路整備が重要視されることでは「道路整備は、都市部と山間部では事情が違う。整備地域の住民と良く話し合うことが大切だ。いま、シーニックバイウェイと呼ばれる景色と一体となった道路整備を勉強中だ」と述べた。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野