業界記事

残る広場等に今年度着工/農山村広場公園

2004-07-23

 武川村は、新奥・宮脇地内で昨年度から整備を進めている農山村広場公園の建設事業で、今年度計画として多目的広場や周遊道路の未整備部分の整備工事を予定している。工事の発注時期等のスケジュールは現時点で未定となっているが、早期の着工を目指す。同事業には今年度工事費として6月補正で1億3000万円を予算化している。
 同事業は新奥、宮脇地内にまたがる約3・9haの敷地内で県が実施する中山間地域総合整備事業とあわせて、村のイベントの開催や社会体育活動など多目的に利用できる広場をメーンに備えた公園を新たに整備を進めているもの。公園施設のうち、昨年度からこれまでに多目的広場(グラウンド、クレイコート・約2ha)の一部の整備に着手し、今年度は繰越事業で駐車場(約5000㎡)、管理棟(平家建て130㎡)、屋外トイレ(80㎡)、外周道路の一部の拡幅改良(W5~7m)の一部整備などに着手している。
 今年度は残る外周部分の多目的広場(クレイコート)の一部整備と、バックネットの設置(2箇所)、周遊道路の未整備部の改良工事、舗装工事などを仕上げる予定。さらに同事業では、夜間照明の設置等の工事も予定されるが、来年度以降の実施が見込まれる。同公園の設計業務は疾測量(竜王町篠原)が担当。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野