業界記事

26日に測量・設計/保谷志木線整備事業

2004-07-23

 主要地方道保谷志木線の整備を進めている朝霞県土整備事務所は、26日に志木市中宗岡1丁目地内の測量・設計業務を入札に付す。納期は17年3月25日に設定しており、地元説明を経て用地交渉に着手する構え。
 業務内容は平板測量一式、路線測量320m、歩道詳細設計640m(320m×2)、平面交差点設計1か所。
 施工地は志木市役所、いろは橋(新河岸川)付近。さいたま東村山線との交差点から北側部分、延長320m。現況幅員は7・3~8・9m。構成は、車道が6・3~7・9m。両側に路肩0・5mずつとなっており、歩道が無く危険な状態。
 一般部の計画幅員は12m。車道6mと両側路肩0・5mずつのほか、その外側に歩道を2・5mずつ新設する方針。さいたま東村山線との交差点部分においては、右折レーン(3m)を設けるために幅員15mとなる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野