業界記事

県が鉱工業指数まとめる/5月は生産低下

2004-07-22

 県企画部統計課は、茨城県鉱工業指数の平成16年5月分をまとめた。5月の指数(季調済)は、生産は102・6で4か月連続の低下、出荷は100・0で2か月連続の低下、在庫は91・9で2か月連続の低下。
 鉱工業指数は、県内で鉱工業製品を生産する事業所の生産、出荷、在庫に関する活動を、業種別・財別に指数化(平成12年を100)して示したもの。
 16年5月分の概要は次のとおり。
【生産】
 前月比は△0・3%と4か月連続で低下し、指数水準は102・6(季調済)となった。前年同月比は0・4%の上昇。業種別にみると、一般機械工業、電子部品・デバイス工業等が上昇し、食料品・たばこ工業、鉄鋼業、輸送機械工業等が低下した。
【出荷】
 前月比は△2・3%と2か月連続で低下し、指数水準は100・0(季調済)となった。前年同月比は△3・7%の低下。業種別にみると、一般機械工業、電子部品・デバイス工業等が上昇し、食料品・たばこ工業、輸送機械工業、化学工業等が低下した。
【在庫】
 前月比は△3・1%と2か月連続で低下し、指数水準は91・9(季調済)となった。前年同月比は△1・7%の低下。業種別にみると、電子部品・デバイス工業、電気機械工業、金属製品工業等が上昇し、食料品・たばこ工業、化学工業、一般機械工業等が低下した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野