業界記事

9月末に下部工/小山川に53m橋梁

2004-07-21

 県本庄農林振興センターは、東小平高柳地区農道整備で計画する小山川の橋梁は、9月下旬に下部工を指名競争入札で発注する見通し。年度末までの工期を予定している。新橋は、橋長53・5m、幅員7mで計画されており、取り付け部分など農道工事の進捗に合わせ、早期の整備完了を目指す。
 同農道整備は、秋平・阿久原地区中山間総合整備事業の一つ。農道は、児玉町小平の県道長瀞児玉線と高柳地内の秩父児玉線を結ぶ、全長591m。アロケーションで地元児玉町が負担し、道路幅員は7m。アスファルト舗装とする。
 小山川に架設する橋梁は、3径間のPC桁橋。下部は逆T式橋台2基と橋脚2基の計画。今年度は、右岸橋台、橋脚1基ずつの発注を見込んでいる。
 橋梁設計は、若鈴コンサルタンツ埼玉営業所(川越市、電話049-291-3551)が担当。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野