業界記事

東西幹線など推進/新市計画の社会基盤部門

2004-07-21

 熊谷市・大里町・妻沼町合併協議会の第1回新市建設計画等策定小委員会で検討した計画素案の新市施策のうち、道路などを中心とする社会基盤分野では、新市の動脈となる道路交通網の構築、幹線道路整備、上下水道整備など基盤整備の中心となる施策が位置付けられている。
 道路交通網の構築は、従前の1市3町合併協議の中でも揚げられた事業で、江南町が抜けた分想定事業費が減少し、140億円程度とされる。熊谷南部地域開発に伴う東西幹線道路、第2北大通線、東武熊谷線跡地などの整備が位置付けられている。
 幹線道路整備では、熊谷市内の幹線第3号線、籠原南大通線、市道105号線、市道107号線、大里町の町道55号線、妻沼町の227号線が盛り込まれた。
 以下、分野別の主要事業について。
【保健・福祉・医療】
▼先進医療機関の誘致
▼福祉施設の整備計画推進
▼地域福祉計画の策定
【社会基盤】
▼新市の動脈となる道路交通網の構築
▼緑地スポーツ施設や公園などによる河川空間の有効利用検討
▼利根川「水辺プラザ」整備事業による葛和田渡船場および周辺護岸の整備促進
▼彩の国創造の森プランに基づく研究教育と生活文化の複合拠点形成
▼テクノグリーンセンター整備による地域活性化
▼土地区画整理事業の継続実施
▼新市街地形成を目指した土地区画整理事業の計画推進
▼住宅系開発の適正な立地誘導
▼埼群軌道新線および熊谷~東松山間軌道系新線整備構想の促進
▼幹線道路整備
▼老朽化した石綿セメント管の更新
▼水道事業計画に基づく事業の実施
▼計画的な下水道整備の推進
▼中継ポンプ場の改築など下水道施設の適正な維持管理
▼電線類の地中化や歩道整備の推進
▼身近な生活道路の改良
▼河川・水路の安全向上や水質保全のための改修・整備の推進

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野