業界記事

地元8者で3日入札/仮称・辻第2小学校建設設計/教育委員会

2004-07-21

 仮称・辻第2小学校建設に伴う設計業務でさいたま市はこのほど、地元設計業者8者を指名、8月3日に入札執行する。業務は基本・実施設計までを仕上げ、17~18年度の2か年で整備し、19年度の開校を目指す。工事費は約35億円を試算。
 辻第2小学校建設地は、南区辻8-726地内のカヤバ工業(株)浦和工場跡地。敷地面積2万2521・6㎡のうち、1万7800㎡を学校用地に充てる。
 今回の業務は、コンパクトな施設整備を基本としている教育委員会側の意向を基に、体育館、プールの重層化、単体での整備、教室数、階層など、事業費を考慮しながら比較検討する基本計画レベルからスタートし、実施設計まで仕上げる。
 当初計画での素案では、校庭面積をできるだけ広く確保することを前提に、校舎、体育館、プールを整備。普通教室24、特別教室は10教室程度で検討されていた。
 また、環境面にも配慮し太陽光、風力、緑化などの設置可能性についても合わせて調査を進める。
 工事は17年度の発注を見込んでおり、基本計画から作業を行う請負業者にとってはタイトなスケジュールだが市は、「設計業者の技術力に期待している」と、話している。
 工場用地に残された敷地は今後、全庁的に検討されるが、福祉関連施設の建設が一部で浮上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野