業界記事

7JVで29日に入札/日立市の表田団地建築

2004-07-21

 日立市は、高層耐火公営住宅となる表田団地建築工事の入札を29日(木)に執行する。市内建築Aランク該当者による2者または3者1組の7JVが対象(入札予定欄に掲載)。実施設計を担当した(株)日立建設設計(東京都千代田区麹町3-5)による規模は、RC造7階建て延べ2660・11㎡の41戸。予定価格は4億2570万円(税抜き)で、工事は来年11月30日まで。この建築工事に続き、電気設備、機械設備も分離して9月頃に発注する方針だ。
 表田団地は、昭和34年に簡易平家建ての5棟20戸で建設された施設が老朽化著しく、また、成沢団地や成沢第一団地など近隣の市営住宅との統廃合を目的に建替えが計画されたもの。
 新団地では、高齢者と少子化に対応した住宅を基本に、高層化することで土地の有効利用を図り、シックハウス対策やバリアフリーを採用した。
 場所は、茨城大学工学部のグラウンド南側にあたる、中成沢町4丁目の敷地3612・36㎡を予定。
 施設規模はRC造7階建て延べ2660・11㎡で、建築面積が526・43㎡、高さが最高で23・8mに設定した。
 住戸タイプとしては、2LDK(64㎡)の20戸(1階の車椅子対応住戸2戸を含む)と、2DK(48・82㎡)21戸の合計41戸。
 このほか施設内部には、エレベーター、キッチンユニット、ユニットバス、洗面化粧台、公共歩廊を設置する。
 一方、電気設備では、照明器具はもとより換気扇、非常用照明、コンセント、テレビ協調アンテナを設け、危険防止のため自動火災警報装置、避雷針、屋外灯を設置。
 機械設備として、台所や浴室、洗面所の給湯設備をはじめガス設備(都市ガス)、市水道、公共下水道、受水槽、洋式トイレなどの給排水衛生設備を各住戸に整備。
 このほか屋外には、多目的広場(約25m×15m)や児童公園などのオープンスペースを設けて隣人とのコミュニケーションスペースが十分に図れるように配慮し、駐輪場や駐車場41台の場所を確保する。
 全体のスケジュールとして、29日の入札で選定した1組のJVと仮契約を済ませ、9月定例議会の承認を経て本契約、早ければ9月末から着工する見通し。
 総工費には電気・機械設備を含み6億5824万9000円を試算しており、16年度分には3億2685万3000円、17年度分には3億3139万6000円を継続費として設定している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野