業界記事

県よりい林業/早期に測量へ着手

2004-07-16

 県寄居林業事務所は、森林管理道勝呂入山線整備に向けて、全体計画調査を進めている。日本森林技術協会(千代田区、電話03-3261-6623)が作業しており、8月末までの納品予定。23年度末までを目標に整備を進める考え。順調ならば、早期に測量などに着手、既存管理道の狭あい部分などで一部工事着手も考えている。
 勝呂入山線は、東秩父村安戸地内の森林管理道入山線と小川町勝呂地内の同勝呂線を結ぶ路線として幅員3・5mで、新規開設していくもの。双方が繋がることで県道熊谷小川秩父線と国道254号が結ばれることとなる。また既設2路線は、現在の村町管理から県管理へ移行する。
 全体計画調査は、新規開設に先立って実施するもの。林業、社会環境として、地域の林業の状況、森林資源、森林の利用状況、自然環境、地形・地質、動植物の分布状況などを把握し、効果的なルート、さらに影響などを総合的に調査するもの。
 調査着手前の段階では、概ね4・2km程度の整備延長を想定したが、これまでの調査で、地形が急峻なことから、想定ルートから変更することになる。
 今年度は、既設路線の幅員が平均で3m程度しかないことから、部分的に拡幅整備などにも取り組みたい考え。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野